就職したらすぐにでも借り入れができる?

カードローンの申し込みには必ず利用条件があります。

 

利用条件の一つに「安定した収入があること」となっていますがこれはどのカードローンでも共通の条件です。
消費者金融では、必ず本人に収入があること、銀行も同じ条件ではあるものの例えば三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックなどでは本人に収入がない専業主婦でも配偶者の同意を得て借り入れができることもあります。
しかしその場合には配偶者に対して安定した収入が求められます。

 

いずれにしても、収入が無ければ審査に通ることはなく、利用することもできません。
臨時収入ではなく安定した収入が必要です。
安定した収入を得るためには定職に就いていなくてはなりません。
それが在籍確認につながります。

 

さて、ここで気になることがあります。
就職してさえいれば例えば働き始めて間もなかったとしても借り入れができるのでしょうか?

 

勤務実績がポイントになる

安定した収入、これがポイントです。

 

消費者金融でも銀行でも、カードローンでは現在の収入ではなくこの先の収入を判断します。
そのために「安定した収入」としており、定職に就いていることが条件となります。
定職と言っても正社員でなければならないというものではなく、消費者金融ではパートやアルバイトも可能としており、銀行カードローンもそのような条件の緩和がみられるようになりました。

 

話を戻しましょう。
なぜ先の収入を判断しなければならないのでしょうか

 

それでは、なぜ収入が必要なのかという問題です。
もちろん返済をしていくために収入があることが重要になります。
収入が無ければ当然のことながら返済額を用意することはできないでしょう。
これから先、返済をしていくために収入が必要です。

 

先の収入をどのようにして判断するのか、それはこれまでの勤務実績です。

 

例えば、アルバイトやパートでも勤続年数が長ければこれから先も勤務を続けていくことは推測に難しいことではありません。
安定した収入があると判断されるでしょう。
一方で例え正社員だとしても働き始めて数か月程度であればこれから先を推測するには不足する情報です。
確実性がありません
現状収入がありますので審査に通らないということは考えにくいものですが、融資限度額は低く設定されるでしょう

 

また、内定がある段階での申し込みは審査が難しいものです。
やはり現在収入がないということが引っ掛かります。
内定していることと現状収入があることとは全く別物だからです。
申し込みをするのは収入があるとき、それは審査に通過するためには鉄則だと考えましょう。

 

カードローン条件検索