短期間に複数の申し込みは嫌われる

どうしても今日中に借り入れをしたい、そんなときには念のためいくつもの申し込みを重ねたほうが安心だろう、そう考えているのであればお待ちください。
そこには落とし穴があります。

 

複数のカードローン会社の申し込みを重ねると審査に落ちる傾向があります。
それは申し込みブラックと呼ばれる状態です。
・一度に何社にも申し込みをする
・短期間の間に何社にも申し込みをする
カードローン会社が警戒する状況です。
申込者の真意としては単純に今日中に借り入れができればいいというものだったとしてもカードローン会社には緊迫した状況が危険を感じさせることもあります。
もしも自社以外の審査も可決となり契約をすればどうなるでしょうか。
1社だけの借り入れならまだしも複数社の借り入れとなれば自社への返済が困窮する可能性があります。
警戒されるのはそのような理由が主になるでしょう。
傾向としては1ヶ月に3社以上の申し込み、これはカードローン会社が警戒する一つの目安です。

 

またもう一つ理由があります。
それは消費者金融の場合です。
消費者金融は総量規制の対象となっており個人の借り入れ金額は年収の3分の1までに抑えなければならないという法律があります。
一度に何社にも申し込みをして可決となれば総量規制の制限に抵触する可能性があります。
それを危惧しても一度に何社にも申し込みをすることは得策ではありません。

 

どうしても今日中でなければならない借り入れ、そんなときには多くても2社までにとどめておきましょう。
またコツもあります。
消費者金融2社に申し込みをするよりも、審査システムや取り締まる法律が異なる消費者金融と銀行カードローン1社ずつに申し込みをする方が可能性が高まります。
焦る気持ちは十分にわかりますが、消費者金融でも銀行カードローンでも即日融資の希望を叶える方法はあります。
時間を確認しながら確実に今日中の借り入れをするために余計な申し込みはかえって逆効果です。

 

カードローン条件検索