回避できない在籍確認

申し込みをしたら必ず行われるのが審査です。
審査ではさまざまなことが確認されますがその一つに在籍確認があります。

 

申し込みをするときには、申込書に勤務先の記入が必要です。
学生の場合にはアルバイト先を記入することになります。

 

専業主婦が借り入れできる先は限られていますが、勤務先ではありませんが、収入がある配偶者の勤務先を記入します。

 

その勤務先に本当に勤めているのかを確認する、それが在籍確認です。

 

モビットでは在籍確認は行われない?

勤務先に、カードローン会社から直接電話での連絡があります。
そこに不安があるでしょう。

 

勤務先にカードローン会社から電話がくれば、キャッシングの事実が周囲にばれる可能性がある、それが不安の原因ではないでしょうか。
もし在籍確認を回避することができるのであれば、多少金利が高くてもそれにこしたことはないと考えているのではありませんか?

 

インターネットを検索してみると、在籍確認なしというワードでモビットが出てきます。
竹中直人さんのCMでおなじみの消費者金融です。
消費者金融のモビットが在籍確認なしというのは本当でしょうか。

 

モビットでは、インターネット上だけで申し込みから契約までが完結するWEB完結という申し込み方法を用意しています。

 

そのほかの申し込みでは、審査結果の連絡が電話かメールとなっていますが、WEB完結の時には審査結果の連絡方法はメールだけとなります。
ここで「審査結果連絡方法メールのみ」と記載されていれば誤解はなかったかもしれません。

 

モビットでは、「WEB完結時は電話はなし」と記載されていました。
現在は「WEB完結」の場合は、メールのみとなりますと記載がされています。
電話なしという記載がモビットはWEB完結の申し込みにおいて在籍確認の電話はなしという誤解に発展しました。

 

そして、インターネットは恐ろしいもので一人の間違いが多くの誤解を生みます。
インターネット上でまるで本当のことのように発信されているモビットは在籍確認なし、これはまったくのデマです
惑わされないようにしましょう。

 

在籍確認はこうして行われる

それでは在籍確認がどのように行われるのか流れをご説明しましょう。
審査の一つとして行われる在籍確認は、通常審査のさなかに行われます。

 

  • 勤務先にカードローン会社が直接電話をして在籍を確認します。
  • 消費者金融であることや銀行であることを名乗りません。

担当者が個人名で連絡をしてきます。
それが逆におかしいと感じられるかもしれませんね。

 

勤務先に個人名での連絡が来ることはいまの携帯電話が普及した時代においてそうそうあることではありません。
その勤務先に勤めている人間に用事があって連絡をするのであれば、取引先や子供の関わる緊急性のある用事くらいのものでしょう。
できれば個人名での連絡はやめてほしい、そう考える方は多いのではないでしょうか。
たった一度の在籍確認がキャッシングの新規申し込み者の負担になっている、それはカードローン会社も十分に承知しています。

 

ここでもう一度思い出してみましょう。
申し込み後に行われる審査の段階で在籍確認が行われます。
そのため在籍確認について不安があり、個人名での連絡ではない方法をお願いしたいというときには申し込みの段階で伝えなくてはなりません
契約時に伝えたところで在籍確認は既に終わっています。

 

銀行カードローンならば個人名ではなく銀行名を名乗ることにも対応してくれます
むしろ定期預金の満期の知らせが連絡先が変わったことで伝えられなかったらしいなど言い訳のしようがあるでしょう。

 

消費者金融も単独での運営であるアイフルでは難しいかもしれませんが、銀行の傘下にある消費者金融・・・例えばプロミスやアイフル、オリックスなどは銀行名を名乗ることには対応してくれる可能性があります。

 

電話の内容は、本人の在籍を確認するためだけのものになりますので、電話に出なければならないということはありません。
席を外している、退社しました、そのような返答であったとしてもカードローン会社は在籍していると認識しますので在籍確認は終了です。
長い電話の内容ではなく非常に簡単なものです。

 

申し込み時にたった一度、かかってくるだけの在籍確認です。
それでも心配が大きいのは多くの人に共通します。
だからこそ申し込み時には電話や来店などで在籍確認についてに不安を打ち明けましょう

 

カードローン条件検索