カードローンの利用が家族にばれるのはどんな時?

これからカードローンを利用しようというとき、実は一番不安なことは「バレること」という方はいませんか?

 

カードローン、キャッシング、さまざまな呼び方はあれど借金であることは変わりようのない事実です。
それが家族にバレた場合、良い雰囲気になるとは到底思えないでしょう。

 

利用の方法にさえ気をつけていれば家族にばれるということを必要以上に心配する必要はありません。

  • 契約時
  • 返済の遅延
  • 借入期間

この3点に注意をしましょう。

 

契約時に自動契約機か店頭窓口を使う

新規契約のほかに、再契約時もあります。
増額によって契約額を変更するときには再契約が必要です。
また、カードの紛失等、再発行が必要なときも同様です。

 

注意したい理由は、自宅へのカード、契約書の発送にあります。

 

申し込み契約方法がインターネットであれば、カードや契約書の受取は自宅への郵送しかありません。
自宅へ郵送されてきたカードローンの封書、心配になるでしょう。

 

銀行カードローンは銀行名が差出人となっておりカードローンであることがわからない可能性は高いものです。
銀行口座の開設でも自宅へカード郵送となることがありますので過剰に心配する必要はないでしょう。

 

消費者金融の場合、差出人名義は消費者金融ではありません
例えばプロミスであれば事務センターとなっており、アコムであればACサービスセンターです。
だからといって安全なものではなくネットでその単語を検索すれば消費者金融のものであることはすぐにわかります。

 

それでは自宅への郵送物がない方法を考えてみましょう。
その場でカードと契約書の受取ができれば自宅への郵送物がありません
つまり自動契約機と店頭窓口での契約です。
新規契約時、再契約、カード発行のいずれも自動契約機と店頭窓口で行うことができますので自宅への郵送物を心配するときには選択しておきたい方法です。

 

返済の遅延はすぐにカードローン会社に相談しよう!

何の連絡もなく返済が遅れたとき、カードローン業者はそのまま放置をするでしょうか。
そんなことはありません。
まずは申し込み時に申告した携帯電話の番号へ連絡が来ます。
そして連絡がつかなかった時、もしくはその時の約束の日までに返済ができなかった時、今度は固定電話つまり自宅への連絡が来ます。
それでも同じように返済がなかったときには自宅へ督促のはがきが届きます。

 

どの段階で家族にばれる可能性が出てくるのか、それは個人によって違いがあるでしょう。
しかしいずれの場合も安心できる状況ではありません。

 

返済が遅れそうになったとき、遅れることが分かったときにはカードローン会社に連絡をしましょう
遅延損害金は発生するものの返済日の変更は可能です。

 

借入期間は短めに

当然のことですが、完済までの期間が長くなればなるほどリスクは高くなります。
すぐに返済ができる借り入れ金額であれば相談をしなくても良いかもしれません。
しかし、長期化する借り入れであれば毎月用意する返済額ももちろん、回数が多くなるものでありお金の動きを不審に思われることは十分に予測できます。

 

家族に無断のキャッシングが良いか悪いか、それはよく考えてみましょう。
万が一バレてしまうようなことがあれば良い結果にはなりそうもありません。
思い切って事前に相談をすること、もしくは報告をすることも安心してキャッシングを利用するためには大切なことなのかもしれません。

 

カードローン条件検索