保証人・担保不要は今や常識

保証人の制度を廃止するための法律案が検討されています。
保証人、連帯保証人、担保、今のカードローンでそれが求められることはありません

 

カードローンに保証人はいらない!

連帯保証人と保証人、どちらも聞いたことがあるでしょう。
債務者の保証を役割として万が一債務者が返済ができない状況となれば保証人や連帯保証人が弁済しなくてはなりません。
保証人には債務者に請求するように債権者に求める権利がありますが、連帯保証人は違います。
連帯という言葉がさすように、借り入れをした本人と同等の扱いです。
弁解の余地もなく返済をしていかなくてはなりません。

 

行政の融資、例えば社会福祉協議会で受付をしている生活福祉資金貸付制度などでは保証人が必要となりますが、今あるカードローンでは保証人は必要としていません。

 

しかし、銀行カードローンは保証人は必要がないものの保証会社があります。
役割は保証人と同様です。
ただし、保証人になるためにはその本人から依頼されることになりますので当然その人柄を知っているでしょう。
よほどの事情がない限り、返済ができると信頼したうえで保証人を引き受けるものです。

 

それでは保証会社はどうでしょうか。

 

保証会社は銀行のグループ会社が引き受けることが多くなっています。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの保証会社はアコム、三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)です。

銀行によっては信販が保証会社となることもあります。

 

保証会社は、契約者が万が一返済ができなくなったとき代わりに弁済をしなくてはなりません。
そのため、返済ができない可能性がある契約者であれば、保証会社になることを引き受けることはできません。
返済の確実性が高い、その時に初めて保証会社になることを引き受けるのは保証人の心理と変わりありません。

 

保証会社が保証を受けるかどうか、それもまた審査によって決まります。
銀行カードローンでは、銀行が行う審査と同時に保証会社が行う審査もあるということです。
2重の審査があることで銀行カードローンは審査が厳しいとも言われています。

 

今の時代、保証人という役割は必要なくなりました。
他人、もしくは身内であっても自分ではない誰かの借り入れを保証する必要はありません。
しかし保証されることもなくなりました。

 

保証会社があっても、保証会社に弁済をしてもらえば単純に債権が保証会社にわたるだけでは返済がなくなるわけではありません。
借りたものは必ず本人が返すこと、その基本の形に戻っただけのことかもしれません。

 

カードローン条件検索