消費者金融と銀行カードローンの違い

利用するなら、消費者金融と銀行カードローンのどちらにするべきか、慎重に考えなくてはなりません。
それぞれに、メリットデメリットがあります。

 

プロミス

プロミスの特徴

  • 初めての借入翌日から適用の30日間無利息(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 最短即日融資可能
  • カードがいらないWEB完結も利用ができる(WEB完結は希望に添えない場合もあり)
  • 24時間対応の振込キャッシングとインターネット返済がある

年利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
評価 評価5
プロミスの総評

WEB完結はカードレスキャッシングですが、契約後でもカード発行に切り替えることもできます。
また、30日間無利息は「初めての借入翌日から適用」と無駄がなく、利用者の視点にたったサービストップクラスのキャッシングです。三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座があると24時間振込キャッシングが利用できます。

オリックス銀行

オリックス銀行の特徴

  • 口座開設不要
  • 大口融資に低金利
  • 提携ATM利用手数料全て無料
  • 限度額300万円まで収入証明不要
  • 返済額がちょうどよい

年利 3.0%〜17.8%
限度額 最高800万円
評価 評価4
オリックス銀行の総評

インターネット専業銀行のオリックス銀行は、申し込みに口座は必要なく、返済の引落口座も多くの銀行に対応しています。上限金利は消費者金融と大差ないものの、大口融資では低金利となっており借り換えやおまとめにも向いています。
ただし提携ATM利用手数料が無料になっているため計画的に返済をすれば少額でも無駄のないキャッシングができます。

モビット

モビットの特徴

  • 最短即日融資可能
  • カードレスキャッシングのWEB完結もある
  • WEB完結なら電話なし、郵送なし

年利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
評価 評価4
モビットの総評

モビットの代名詞ともなっているWEB完結は、電話なし郵送物なしで「ばれないキャッシング」として人気があります。ただし、振込キャッシングは24時間対応がないため借入には気をつけなくてはなりません。
WEB完結を利用するためには「三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行口座があること」「社会保険証か組合保険証」が必要になるなど条件があるため必ず確認しましょう。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの特徴

  • 審査最短30分
  • 口座開設不要
  • 最短即日融資可能
  • 少額でも低金利
  • ATM利用手数料無料

年利 年4.0%〜14.5%
限度額 最高800万円
評価 評価4
三井住友銀行カードローンの総評

三井住友銀行カードローンは上限金利が14.5%となっており、少額でも低金利で利用ができます。
三井住友銀行本支店内にあるローン契約機のほか、プロミス店舗に設置されているローン契約機でも手続きができるため、銀行カードローンの中では最も「ローン契約機利用可能数」が多くなっています。
口座振替のほか利用手数料無料の三井住友銀行ATM、提携ATMを使って返済を進めていくことができます。

 

一度利用を始めたら、カードローンは借り換えが簡単ではありません。
借り入れ件数が多くなると、それだけ審査には不利になるからです。

 

1社だけの借り入れを考えているのであればなおさらのこと、どのカードローンを選ぶのかは慎重にならなくてはいけません。

 

それでは、消費者金融のキャッシングと、銀行カードローンではそれぞれにどのような特徴があるのかを見ていきましょう!

 

消費者金融のメリット

即日融資ができる消費者金融が多い

申し込み方法として、自動契約機が用意されている消費者金融が多くあります。
インターネット申し込みでも即日融資の可能性がありますが、平日の14時までにすべての手続きを完了させなくてはなりません。

 

それ以外の時間であれば翌営業日に借り入れ金額の振込みとなりますので即日融資ができなくなります。

 

一方自動契約機は、時間に制限はあるものの年中無休で営業をしており、申し込みから契約、カードの発行と借り入れまでの一連の流れがその場で完結となります。

 

即日融資の可能性が最も高い方法です。今日でなくてはならない借り入れは消費者金融ならば可能性が高くなります。

 

借り入れや返済の方法が多い

サービスが充実しているのもまた消費者金融の特徴です。
申し込みだけではなく借入や返済の方法も充実しています。

 

一般的にカードローンではATMを使った借り入れと返済です。
返済にはプラス口座引き落としもあります。

 

しかし、消費者金融ならばインターネットの会員サービスから依頼を行い指定の銀行口座に振り込みによるキャッシングを受けることができます。
振込キャッシングと呼ばれるサービスです。

 

手数料無料となっており人気ですが、これもまた銀行での振込みである以上振込実施対応時間でなくてはなりません。
銀行の振込実施対応時間は平日の9時から15時です。それ以降の時間は翌営業日の振り込みになります。

 

銀行のグループにある消費者金融もあります。
プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行口座を振込キャッシングの指定口座にすると、24時間365日いつでも振込キャッシングを受けることができます。

 

このように銀行グループの一員であれば消費者金融には優遇される銀行口座もあります

 

消費者金融のデメリット

金利が高い

どのカードローンよりも、どの融資よりも、消費者金融の金利は高く設定されています。利息制限法によって消費者金融の金利は決められていますが、そのギリギリまでを設定しています。

 

利息は日割り計算となっており、借り入れ日数が大きくなればなるほど支払う利息が大きくなります
そのため消費者金融の利用は短期返済ができるキャッシングに限った方が安心です。

 

総量規制の対象

消費者金融は貸金業であり総量規制に従わなくてはなりません。
総量規制は個人が貸金業から借入できる総額を年収の3分の1までにするというものです。

年収が300万円の方であれば100万円が総量規制による限界となります。

 

あくまでも限界であり即座にその制限が借り入れ可能となることはありません。
多くの場合3社から4社の借り入れで総量規制の限界になる傾向があります。

 

そして、1社からの借り入れ金額もしくは借入希望金額が50万円を超える場合には収入証明提出をしなくてはなりません。
複数社からの借り入れがある場合には総額が100万円を超えるとき収入証明書類の提出が求められます。

 

銀行カードローンのメリット

金利が消費者金融よりも低い

消費者金融の金利の上限が18.0%〜20.0%となっていますが、銀行カードローンは15%未満となることが一般的です。
消費者金融よりも金利が低い、それもまた銀行カードローン金利の魅力ではありますが、融資限度額によって適用される金利が明確であるという大きなメリットもあります。

 

消費者金融の金利は適用される金利が明確ではないながらも上限が適用されることが多くあります。
銀行カードローンは借り入れ金額に応じて金利がはっきりと決められており計画の立てやすさがあります。

 

総量規制がない

総量規制がありませんが、融資限度額が高く設定されるというわけでもありません。
平均すると30万円前後の融資限度額となることが多くあります。

 

総量規制がないことのメリットは二つあります。
一つはおまとめに利用ができることです。

 

資金使途は自由となっており、総量規制のように借り入れ金額を制限するものはありませんのでフリーキャッシングの中でおまとめを使うことができます。
融資限度額が高くなると金利が低くなる銀行カードローンになりますのでおまとめには向いています。

 

もう一つは収入証明提出のラインが高いことです。

 

消費者金融は総量規制によって収入証明提出のタイミングが決められていますが銀行はそうではありません。各銀行が独自のラインを設定しています。

 

オリックス銀行カードローンならば借り入れ金額300万円までは収入証明不要です。

 

銀行カードローンのデメリット

即日融資ができる銀行が少ない

申し込みから実際の借り入れ開始までは、短くても数日はかかるのが銀行カードローンです。
緊急性のある融資には向いていません

 

しかし、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでは、自動契約機が設置されており消費者金融のように即日融資が可能です。

 

借り入れや返済の方法が少ない

不便というよりは利用がシンプルです。
借り入れの方法はATMだけ、返済の方法はそれに加えて口座振り込みがある、それが銀行カードローンの利用方法としては一般的です。

 

振込キャッシングに対応している銀行は少ないものです。
但し、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックのように三菱東京UFJ銀行ATMも提携ATMも利用手数料無料となっていることもあります。

銀行はカードローンばかりではない

消費者金融と銀行カードローン、その違いを比較してきましたが、実は銀行にはカードローンだけではありません。

 

銀行の特徴として「目的に合わせたさまざまなローン商品があることを覚えておきましょう。

 

  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • 目的ローン(フリーローン)

 

これらの目的に合わせたローン商品はメガバンクばかり比較することはできません。
なぜなら大きな金額の融資には地方銀行もまた大きな強みを持っているからです。
ただし、地方銀行の場合、営業区域内に住まいか勤務先があることという条件がつくことが多く、地域限定のローンであることは少なくありません。

 

住宅ローンの選び方

金利ばかりに注目することはできません。
なにしろ長い年月支払うこととなるため、市場金利の変動を考えて選択しなくてはならないからです。
変動金利、固定金利、それらにもそれぞれ種類があるため一概に「現在の金利が低いからお得」という考えは安直であるといわざるを得ません。

 

また手数料にも注目しなくてはならないでしょう。
融資手数料はもちろんのこと、繰上げ返済にかかる手数料も確認しましょう。

 

もはや定番となったフラット35のほかに、フラット35Sにも注目が集まっています。
一定期間金利が低くなりますが、2016年1月29日までの申し込みとなっており、募集金額に達する見込みとなったときには早期に受付が終了されます。

 

教育ローンの選び方

教育を受けるためにはお金が必要です。
親の経済事情によって子が勉学をあきらめなければならないとすればそれはどちらにとっても辛いことでしょう。

 

教育ローンは各銀行で用意されていますが、平成25年度から融資額が拡大された国の教育ローンも比較対象に入れておきたいものです。

 

また銀行の教育ローンの場合、「学校に支払う費用」と「学校に支払う費用とそのほかの一定の範囲」など認められている条件が異なります。
しっかりと確認をしなくてはなりません。

 

マイカーローンの選び方

車を購入するとき、ディーラーに勧められたローンをそのまま利用するというケースは少なくありません。
しかし、そのままでは大きな損をすることになりかねません。

 

メガバンク、インターネット専業銀行、地方銀行、さまざまにマイカーローンを用意しています。
金利の違いばかりではなく、繰上げ返済ができるかどうか、その手数料はいくらなのかを必ず比較しましょう。

 

フリーローンの選び方

目的に合わせたローンであり、低金利での借り入れも可能です。
どのような資金使途に対応しているのか、確認をしましょう。
多くの場合、事業性資金外は自由となっていますがおまとめや借り換えにも対応はしていないということもあります。

 

金利にははっきりとした違いがありますが、繰上げ返済には基本的に高額な手数料がかかるため返済に自由があるとはいいがたくなっています。
「金利」「繰り上げ返済手数料」も比較した上で検討しましょう。

 

銀行カードローンとフリーローンの違い

金利が低く設定されていることでフリーローンのほうが利息の負担が少なくてすむ、そういうイメージはあるでしょう。

 

しかし比較しないままにフリーローンに決めてしまうと損をする恐れがあります。

 

目的が明確であっても、自由に返済を進められるカードローンのほうがよほどに利息を節約することができるからです。
各銀行には返済シミュレーションが用意されています。
どちらがお得になるのか、試してみるとよいでしょう。

 

オリックス銀行
  • 大きな金額になるほど金利が低い
  • 提携ATM利用手数料が無料
  • 銀行口座不要
  • 振り込みキャッシング対応
  • 来店不要

 

少額の借り入れでは金利が高くなるものの、むしろその金額では消費者金融を利用することにメリットが高くなります。
銀行カードローンを利用するのであれば大きな融資を検討していることでしょう。
オリックス銀行は大口にこそ金利が低くなり、さらに返済にも借り入れにも提携ATM利用手数料がかからないため利息の節約ができます。

 

三菱東京UFJ銀行
  • 即日融資が可能
  • 銀行口座不要
  • ATM利用手数料無料
  • 来店不要

 

一般的な銀行カードローン金利となっていますが、即日融資やATM利用手数料無料、口座が不要など消費者金融に近い利便性があります。
ただし大きな融資には金利が低くはないために、少額キャッシング向けとして使われています。

 

みずほ銀行
  • 最短即日利用可能
  • みずほ銀行口座必須
  • 返済額が高い

 

最短即日とはなっているものの、みずほ銀行口座が必要です。みずほ銀行口座がある場合に限り即日融資の可能性がでてきます。
毎月の返済額が高額となっているため、早めの完済には期待ができるものの毎月の負担は大きくなることも考えられます。